calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

FIAT PUNTO HLX ウインドレギュレターの故障

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

フィアットプントHLX

 

 

助手席側の窓が動かなくなり入庫しました。

よく起こる症状ですね。

 

ドアウインドの故障には数パターンあります。

■レギュレター

・ワイヤー切れ

・滑車部の破損

・ガラスストッパーの破損

 

■モーター

・焼付き

・接触不良

 

■スイッチ

・スイッチの不良

・フューズ切れ

 

多いのはウインドレギュレターの故障です。

さっそく点検していきます。

 

 

 

動かなくなったガラスの対策はビニールを貼るか、ドアトリムを外し

中からガラスを上げて固定(テープまたは結束バンドで仮固定)します。

 

 

 

ドアの内部にレギュレターはあります。

固定をしないと、最悪の場合はガラスが落ちて割れます。

 

 

 

動きが重くなったり、冬場(寒くなるとプラスチックの硬化)は多いので

レール部にフッ素スプレーはシリコーン系スプレーを塗布しましょう。

 

気になる方はお越しください。

サービスで塗布します。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック