calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

Lancia Delta Evo2 一年点検

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ランチア デルタ EVO2

 

真っ赤で綺麗なランチアデルタ!

ランチアを代表するラリーカーです。

 

残念ながらメーカーが消滅する可能性があります(泣)

どこで路線を間違えたのだろうか・・・

非常に残念です。

 

さて、今回は一年点検で入庫しました。

とても手入れをされておられ、現代の車と比較しても

引けをとらないクオリティー♫

 

赤色のボディは、コンディションを維持するのがとても難しいのに

ここまで輝かせています。

 

 

 

ヨーロッパへの輸出需要もあり、ジアラやEVO2の価値は

高騰し、日本から程度の良い個体が減りつつあります。

欧州や他国でもマニアはいますが、品質は日本がダントツです!!

 

 

 

蛍光灯の下でもキズも写り込まないコンディション!

大事にすることの重要性を教えて頂けます。

 

 

 

エンジンルームも手入れされておられ、自動車業界の私も頭が下がります。

 

 

 

これからも長く、デルタを愛して頂きたいですね。

おクルマを大事にされている方が集うオートリーゼンへぜひお越し下さい。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


Lancia DELTA 1.6JTD セレクトロニック不良

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

ランチア デルタ 1.6JTD

 

有名なのは初代デルタでしょう。

WRCでタイトル6連覇した高性能なターボ4WD!

今でも初代は乗り手を虜にしています。

 

2代目は日本では脚光を浴びることがなかったですが・・・

3代目デルタは高級ラグジュアリーのハッチバックとして

2008年にジュネーブでデビュー!

ガソリン、ディーゼルの設定があり、イプシロンやムーザを

イメージさせる個性的なデザインです。

 

 

さてさて今回は・・・

警告灯の点灯とギアが入らなくなりレッカーで入庫!

さっそくテスターにて診断です。

 

 

 

 

ATトラブルは本当に厄介です。

クラッチの劣化なら良いですが、油圧絡みのトラブルだと

かなりの高額修理になります。

 

 

 

MTは乗るのにそれなりの覚悟が必要ですが、故障という部分では

心配が少ないので選択肢の1つにするのも良いかも知れませんね。

 

修理の以外のご相談もお受けしますので

お気軽にお問合わせ下さい。

 

サービスが話をすれば営業されないから安心ですし(笑)

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい
オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい

 

 

 

■夏季休暇のご案内

8月13〜15日はお休みをいただきます。

その他は通常営業致します。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 

 


Lancia Delta Evo2の修理

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ランチア デルタ エボ2

 

クラッチレリーズシリンダーの交換です。

油圧クラッチのデルタは、エア溜まりや液漏れすると・・・

切れなくなります。

 

イタリア車は特にゴム部品の劣化に注意です!

 

 

 

キレイなエンジンルームです。

 

 

 

無事に交換!

エア抜きして作業完成です。

 

 

 

どんな車もしっかり直すオートリーゼン!

気になる点があればすぐにご相談下さい。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 


Lancia Ypsilon Platinum 車検整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

ランチア イプシロン プラチナ

 

車検整備で入庫!

エンジンのチェックランプも点灯しているので

合わせてチェックします。

 

チェックランプの原因はイグニッションコイル!

先日1本換えましたが、残り3本の内の1本がダメになりました。

4本同時交換がお勧めですね。

 

 

 

年度末のため、車検や修理が大量に入庫しております。

代車待ちやお預かりをお待ちのお客様、大変ご迷惑をお掛けしております。

 

数をこなせばいい!

そんな中途半端な修理や点検が出来ないのでお許し下さい。

 

今年度も残り4日!!!

 

誠心誠意がんばります

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

メカニック募集〜

今ではディーラーの整備ではやらない『キャブ調整』や『ポイント調整』など

アナログ修理もあり、車の構造や機械に正面から向き合える!

そんな楽しい修理がたっくさんのオートリーゼン♪

アウトドア好きなスタッフばかりなので、和気あいあいです。

 

お気軽にお電話またはメール下さい。

 

 

 

 


Lnncia Delta Evolution2のタイミングベルト交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ランチア デルタ Evo2

 

 

タイミングベルト交換です。

 

イタリア車では特に重要な修理です。

これを怠ると・・・

高額修理が必須になります。

 

 

 

せまいエンジンルームの中での作業!

ミスなく慎重に行います。

交換が終わると、必ずクランクを手動で回してズレがないことを確認します。

いきなりエンジン始動は・・・楽ですけど、ズレていたら大変なことに!

 

 

 

外したタイミングベルトです。

事前整備が必要なので、この時点で亀裂が酷い場合は・・・

危険かも知れませんね><

 

 

 

タイミングベルト交換を検討している方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 


Lancia Delta Evo2修理

JUGEMテーマ:車/バイク

 

Lancia Delta Evo2

 

 

ドライブベルトが切れ、レッカーで入庫!

さっそく点検していきます。

 

 

 

ご覧のように切れたベルトがぶら下がってます。

 

 

 

クランク角センサーを損傷されなくてよかったです。

 

 

 

タイミングベルトが切れたよりはいいですが・・・

ドライブベルトやACベルト等、しっかり点検の必要がありますね。

 

ランチアデルタの修理のことはオートリーゼンへお任せ下さい。

 

他社様でご購入された方!

転勤で愛知県へ来られた方!

 

主治医になりますのでお気軽に^ー^

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp


Lancia Delta Evo2

JUGEMテーマ:車/バイク

 

Lancia Delta HFインテグラーレ EVO2

 

車検整備で入庫です。

 

極上極まりないエヴォ2!

価格が高騰しており海外へ多く輸出されております。

盗難には十分に注意が必要ですね。

 

 

 

ミッションオイル交換中!

注入口が小さいため吹きこぼしに注意しながらゆっくり入れていきます。

 

 

 

昔の車は本当に惹かれますね!

 

私も車の乗り換えします。

憧れだった車に乗って楽しみます。

 

乗り換えのご相談も随時受け付けております。

 

ご相談は

 

AUTORIESEN 中島へ

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 


Lancia Delta 1.4turbo platinumのグリル交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

Lancia Delta 1.4Turbo Platinum

 

フロントグリル交換

 

 

後期もモデルのグリル(横ライン)を

初期モデル(縦ライン)に変更!

 

 

 

交換はフロントバンパーの脱着となります。

 

 

 

ご覧のように変わりました。

 

 

 

日本国内で取れない部品も、自社輸入で取り寄せ致します。

 

どんな修理もお任せ下さい。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 


Lancia Ypsilon

JUGEMテーマ:車/バイク

 ランチャ・イプシロン

車検整備での入庫です。



今回は、足回りからの異音がするので
前輪、後輪合わせてリフレッシュです。


これだけのパーツを交換いたします。
画像には、ありませんが追加でアッパーマウントも
取り替えます。




さッ!作業開始しますか。
 

Lancia Delta HF Integlare

     ランチャ・デルタ HF インテグラーレ

車検整備での入庫です。
この車輌も最近は少なくなって来ています、
だからこそしっかり整備したいと思います!

でッ!いきなりですが
エアコンのパーツが高額で入手困難なため
お客様との相談で快適よりも
軽量の道に進むことにしました!・・・・残念。

まずは、フロントにある
エアコンコンデンサーからの取り外しです。



これだけのパーツを取り外すと
ラジエターへの負担が軽減されるでしょう!!

次にエンジンルーム内にある
エアコンコンプレッサーと配管を取り外します。

それがこれです、
ベルトもテンショナーも合わせて取り外しました。
少しは、エンジンの回転が軽くなるかな?

今年の夏おてんきは、風を感じながら走って下さい、
また、お手伝いいたします。汗


のなちJUGEMテーマ:車/バイク
 

| 1/5PAGES | >>