calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

AlfaRomeo Mito RECS施工

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アルファロメオ ミト

 

 

RECSの施工を行いました。

 

RECSとは、高性能清浄剤の清浄効果により、インテークマニホールドの

吸気バルブからピストンヘッド・シリンダーヘッド、さらに排気バルブまで

短時間で洗浄し、燃焼状態を改善させます。

 

 

■RECSによるクリーンアップ効果

施工時に有効成分が速やかにデポジットに浸透し、微細な状態に清浄分散します。

また、施工後走行することにより、残存したデポジットに浸透している有効成分が

さらなるクリーンアップ効果を発揮します。

 

 

 

施工については、商品の特長を理解したプロの整備者が車両の状態を確認して施工いたします。

※車種及び状態によっては作業が出来ない場合もございます。

 

 

 

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


AlfaRomeo156 V6 2.5 ドライブシャフトブーツ交換

 

 

アルファロメオ156 2.5 V6

 

 

左右ドライブシャフトブーツ(インナー、アウター)と

ステアリングラックブーツの交換です。

 

他にも燃料ポンプなど、年数も経っているので徹底的に整備です。

 

 

 

足廻りを分解しての作業なので、認証工場でしか出来ません。

ブレーキ廻りや動力伝達装置など、分解整備は資格のある工場をオススメします。

 

 

 

この作業は大変汚れます。

捨てるような軍手、新聞紙を使って作業を行います。

交換が終われば、しっかり清掃して車体へと戻していきます。

 

 

 

ブーツの破れは車検が通りません。

放っておかないよう整備をしましょう。

 

 

そうそう

チェーンの伸びてしまったリフト・・・

明日、交換を行うことができました!

 

だんだん傾いてきたときはゾッとしました(汗

おかげで1日分作業に遅れがでました。

 

人間も自動車も道具も定期メンテンスが必要ですね。

 

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。


Alfaromeo 159 3.2JTS Q4 Qtonic Distinctive パワステオイル交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ159 3.2JTS

Q4 Qトロニック ディスティンクティブ

 

 

パワステオイル交換で入庫。

 

GMと共同開発されたプラットフォーム!

今までのアルファロメオと違い、しっかりとしております。

外装デザインも居所ジウジアーロです。

156の後継モデルとして2005年のジュネーブで発表されたボディは

大幅に拡大している。

3.2Lは260PSあるので十分すぎますね。

 

 

 

フィラーキャップからのオイル漏れもなく良好です。

 

 

 

 

イタリア車、フランス車の修理はお任せ下さい。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 


AlfaRomeo GIULIA QUADRIFOGLIO 2.9L V6 510PS Bi-Turbo デフオイル交換:オートリーゼン

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ ジュリア

 

クアドリフォリオ 2.9L 510PS Bi-Turbo

 

 

弊社で輸入したジュリア!

 

アルファロメオを代表するモンスターカーといえるでしょう。

フェラーリの元エンジニアが集結して開発した、とても評判の良いエンジンです。

0-100Km/hの加速はたったの3.9秒!!

最高速度は307Km/hとクラス最高の性能です。

 

さて

今回はデフオイルの交換で入庫しました。

 

 

 

大きなアンダーガードを外し交換です。

左右、センターと3つのドレンからデフオイルを抜きます。

 

 

 

やっぱりMT車はとてもパワフルで楽しい車です。

(正規では8ATのみの販売)

MTをご希望の方はぜひご相談下さい。

本国には新車または新車に近い個体もまだあると思います。

 

お待ちしております。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 


AlfaRomeo GIULIA QUADRIFOGLIO 2.9L V6 510PS Bi-Turboのオイル交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ

 

弊社で輸入した510PSのモンスターマシン!

MTモデルになります。

現在はMTの生産は終了しており希少となっております。

 

納車してからすでに9,000Kmを走られているジュリアを

全力で楽しんで頂いているS様。

いつもありがとうございます。

 

3回目のオイル交換でご来店です。

 

 

 

コンピューターチューンで馬力も高めているジュリアですが、

今回はKWの車高調も入れられました!

 

ご自分で!!

 

素晴らしいですね♫

 

車高は前後ピッチリ2cmダウン。

アライメントも行い若干トゥーインにしたので、高速時の直進安定性も上がったそうです。

 

 

 

この狭い隙間から見える黄色のスプリングがKWです。

 

 

 

これからも楽しい車を全力全開で楽しんで下さい。

しっかりサポート致します。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。


AlfaRomeo155 Martini エンジン異音修理

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アルファロメオ155DTM マルティーニ

 

 

弊社で数台輸入したうちの1台!

ボディのデカールをあえて剥がした純白の155は珍しいです。

今では市場から少なくなりましたが、当時は145をはじめ

アルファロメオを認知させた重要なモデルですね。

 

そんな名車も20歳・・・

放置では維持できるわけないですね。

 

しっかり点検していきます。

 

 

 

 

サイドステップにはMartiniの面影をサラッと残しています。

このさり気なさがGoodです。

 

 

 

水漏れ跡もあります。

 

 

 

エンジンオイルもオイルパンやクランクシールなど

シール類の劣化が目立ちます。

 

 

 

新しい車に心が擽られないのなら

今の愛機を大切に長くのればいいです。

 

そのお手伝いをぜひさせて下さい。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

 


Alfaromeo 147 TS ブレーキオイル交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ147ツインスパーク

 

 

ブレーキオイル交換です。

 

ブレーキオイルの交換はとって重要です。

弊社では車検毎に交換をお勧めしております。

 

ブレーキオイルついて説明します。

自動車のブレーキを作動させるオイルです。

ペダルを踏むことで管内の圧があがり、キャリパー内のピストンが

押し出されブレーキパッドがディスクを挟みブレーキがかかります。

ブレーキの摩擦熱は約250℃です。

※レースやスポーツ走行の場合は600〜700℃

例えば水の場合、沸点が100℃なので蒸発します。

蒸発し気化された空気は管内から逃げ場がありません。

空気は圧縮されるため、ペダルを踏んでもスカスカになることを

『ペーパーロック現象』といいます。

ブレーキオイルの沸点は200〜300℃(規格により異なる)

沸点の高いオイルが必要となります。

しかし、このブレーキオイルは吸湿性をもつため、水分を取り込もうとします。

そうなると管内に錆が発生し各所に悪さします。

沸点の低下にも繋がるため、2年毎に交換が必要なのです。

 

交換もブレーキタンク内の交換では意味がありません。

キャリパーに付いているニップルから抜きかえる必要があります。

いわゆる全交換ですね。

ブレーキオイル交換は分解整備にはなりませんが、プロに

任せることをお勧め致します。

 

 

 

4輪全てから抜きかえを行います。

 

 

 

ブレーキオイルの劣化は中々解かりにくいですが、タンク内の

オイルが新品のサラダ油色ならOK!!

何度も揚げ物を繰り返したような茶色の油ならNG!!

 

気になる方は、すぐに点検出来ますのでお越し下さい。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


Alfaromeo 147 TS フロントブレーキ廻りリフレッシュ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ147 ツインスパーク

 

 

アルファロメオのコンパクトで有名なのが147!

 

145/146の後継車として2000年にデビューしました。

日本への正規輸入は2001年10月から。

弊社は正規販売されるまで10数台輸入しました。

 

足として使えるグレードからスポーティなモデルまであり

ファンを楽しませんてくれました。

 

さて、そんな147ですが、15年ほど経過し劣化してきたので

フロントのブレーキ廻りをリフレッシュしました。

 

 

 

ハブベアリングの交換

 

 

 

ブレーキパッド、ディスクローターの交換

ABSセンサーの清掃

 

 

 

 

これで長く乗って頂けます。

好きな車を長く乗る!!!

 

本当のエコだと私は思います。

 

ディーラーに行くと、すぐに乗り換えを勧められます。

オートリーゼンではどうしてもお金がかかる場合は以外は、お勧めしません。

 

たまにはします(笑)

 

 

おクルマのご相談はお気軽に!

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


Alfaromeo 159 3.2JTS Q4 Qtronic ガソリン漏れ

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ159  3.0JTS Q4 Qトロニック

 

 

ガソリン臭がするということで入庫しました。

燃料を満タン時によく臭うようです。

 

さっそくプロペラシャフトやマフラーを外します。

 

 

 

エンプティーに近い状況にしていてくれましたので助かりました。

満タンだと・・・辛い作業ですから

 

 

 

給油口からの接続部もしくはリターンホースの根本?

ガソリンタンクの漏れあとから推測しておりました。

 

原因は給油口からの接続部でした。

 

 

 

この中に下のOリングがついておりますが、そのOリングがズレていました。

ご覧のように曲がってます(汗)

これでは満タン時に漏れてくるはずです。

 

 

 

燃料漏れは非常に危険です!

少しでも臭いを感じたらすぐに車を止めてご連絡下さい。

 

火災になったら大変です!!!

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


AlfaRomeo Spider Veloce エアコンガスチャージ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アルファロメオ スパイダー

 

ヴェローチェ(シリーズ4)

 

 

このスパイダーヴェローチェは、2,000ccで126馬力です。

上級モデルなので、エアコン、本革シート、アルミホイールを装備しています。

 

惜しまれつつも1993年に生産終了となりました。

 

それから人気も衰えず、今では状態の良い個体探しが困難です。

 

 

さて今回はエアコンのガスチャージで来店。

しっかり直すにはお金がかかりますので、毎年充填される方も多くみえます。

 

エアコンを求めたらダメかも知れないクルマですが・・・

名古屋の夏は乗り越えられないです(涙)

 

 

 

エンジンルームも現代のクルマと違い、機械機械しています。

電子制御で固められるよりもオーナーの乗り方に柔軟的に合わせられる

ネオクラシックの選択も間違っていないですね。

 

 

 

 

大事な愛機を永く乗る!

 

これが一番です。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい
オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい

 

 

 

■夏季休暇のご案内

8月13〜15日はお休みをいただきます。

その他は通常営業致します。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


| 1/12PAGES | >>